自覚しにくいワキガ確認方法

キツい体臭は健康を損ねている恐れもあり、他人に指摘しづらいことのひとつです。

ということで、自分の体臭の中でも自覚しにくい、ワキガの気づき方とニオイ対策術が紹介されていました。

まず、ワキガに気づく方法として、耳あかが湿っている、ワキ毛の量が多い、白い服だとワキの下が黄ばむ、両親のどちらかがワキガである、これらに当てはまることがあり、思い当たることがある人は、専門医に相談してみるのもよさそうだということです。

様々なニオイ対策術として、ワキガ対策は、殺菌効果のある制汗剤を使い、汗をかいたら着替えるかすぐに拭き取るようにし、ワキ毛は剃るということです。

体全体のニオイ対策は、こまめにシャワーを浴びて、皮脂汚れや汗による菌の繁殖を防くと。

口臭対策は、定期的に歯科で検査を受け、歯周病を治すようにし、また、唾液の分泌がニオイを防ぐのでガムを噛むのも効果的といいます。

部屋のニオイ対策では、緑茶をフライパンで煎り、その香りを部屋に充満させたり、カーテンやリネンなど大きな布を洗濯するとよいということでした。